反射係数(反射、反発の大きさ)の計算方法です。
2つのオブジェクが接触した時、その反発の大きさを、以下4つの方法で計算します。
1)Average:平均をとる
2)Min:小さい方の値をとる
3)Max:大きい方の値をとる
4)Multiply:掛け合わせた値をとる

PAGE TOP