用語集

B

Bounce Combine (バウンス コンバイン)

反射係数(反射、反発の大きさ)の計算方法です。
2つのオブジェクが接触した時、その反発の大きさを、以下4つの方法で計算します。
1)Average:平均をとる
2)Min:小さい方の値をとる
3)Max:大きい方の値をとる
4)Multiply:掛け合わせた値をとる

Bounciness (バウンスネス)

「反射係数」という意味の用語で、反射する性質を持ちます。Unityではその程度を表します。
0~100までの数値を入力します。
0に設定した場合:反発はなく、弾みは起きません。
100に設定した場合:100%反発し、落下を開始した地点まで跳ね返ります。

Build (ビルド)

プログラムや設定を実行できる形式に変換する作業を指します。
Unityでは、制作したものを異なるプラットフォーム(PC、スマートフォン、ゲーム機、Webなど)の実行形式にすることができます。

PAGE TOP